石井式・瞬間記憶術が受験に強いのか?

石井式・瞬間記憶術が受験に強いのか?

受験はどれだけ知識をためこんだかで合否に影響します。つまり、覚えていれば受かり覚えていなければ受かりません。

そのため多くの人は暗記という行動に出ます。そうすることによって知識を引き出せるようになるからです。

ただこの暗記というものが非常にやっかいでこれが差をつける原因となっています。

この仕組みを知り、石井式・瞬間記憶術の何がいいのか調べていきましょう。

瞬間記憶術で人生が変わる!
石井式・瞬間記憶術の公式HPへ

試験には暗記が大事

試験というのは知識をはかるので、どうしても暗記しないといけません。しかし、どんな情報も、1回で全てを覚えることはほぼ不可能です。

1回にまとめて覚えようとするのではなく、何度も繰り返して、少しずつ頭の中に情報を蓄積していきましょう。

暗記の基本は同じことを何度も繰り返すことです。

何度も使うものは記憶したほうが早いと脳が判断するため、繰り返すことで記憶として定着しやすくなります。

この作業があるため人によって覚えに差があります。その差について説明します。

暗記の方法があっていない

努力しているのに覚えられないとお悩みの方は、暗記のやり方が少し間違っていたり自分に合っていない可能性があります。

暗記したい箇所を覚えるやり方で一部を隠して目で覚えるとかありますが、目で見ただけでは実は暗記が充分にできないことも多く、また、目で見る暗記方法が向いていない方もいいたりします。

人によって得意不得意の暗記方法があるのでそれをまず見つけましょう。

覚えたつもりになっている場合

テキストの問題を一回解いたりしただけで、暗記できた気分になっていませんか?

暗記には、繰り返しが大切です。

一度学習しただけでは、忘れてしまうのは当然です。同じ問題でも覚えたと思った問題でも繰り返し勉強して記憶に定着させるかが大切です。

何も見ずに自力で解けた場合でも、一回では、暗記できていると断言はできません。

これは脳の仕組みで仕方ないことなので、繰り返し解かないうちにはわかった気になっても、すぐに忘れてしまっています。

まとめ

試験には暗記が大事ですが、暗記するテクニックが足りなくて試験の結果が悪く受験が成功しないという方はかなり多いのじゃないでしょうか。

そういうテクニックに頼るのもいいのですが、大事なのは根本を変えることです。

石井式・瞬間記憶術ならその根本が変わるのでテクニックに頼る必要がなくなるので、あっという間に暗記できます。

瞬間記憶術で人生が変わる!
石井式・瞬間記憶術の公式HPへ
TOPページを見る