石井式・瞬間記憶術で仕事を加速させる

石井式・瞬間記憶術で仕事を加速させる

覚えたことをすぐに仕事に反映でき、的確に実行できる人もいれば、なかなか仕事に反映できず、的確に実行できない人もいます。

覚えたことを的確に実行できなければ、ミスや失敗を生み、生産性も下がります。こういう現象はどうして起きるのでしょうか?

その多くは記憶の曖昧さや忘れてしまうことが、ミスや失敗の原因となっているケースが多いです。

つまり記憶さえ完璧ならそんなことは起きないということです。

一般的な人と石井式・瞬間記憶術を覚えた人の差をみていきましょう。

瞬間記憶術で人生が変わる!
石井式・瞬間記憶術の公式HPへ

脳の記憶容量はそもそも少ない

仕事をしているときに一時的に記憶することはよくあります。

これをワーキングメモリーといいます。人によって差がありますが、ワーキングメモリーの記憶容量は、あまり大きくはありません。

そこに未着手の仕事まで記憶させると、目の前の仕事の記憶領域は狭くなり処理スピードは落ちてしまいます。

また、情報が混乱して、間違えるリスクも高くなります。

正しく認識していないケース

世の中には覚えるべきことを的確に実行できない人がいます。

実は物覚えが悪いということには、記憶以外にも原因がある場合があります。

それは覚えるべきことを正しく適切に理解、認識しているのではなく間違った理解や間違った認識のまま覚えてしまうということがままあります。

理解不足によるケース

また、新入社員などによくあるのが、理解不足です。

新人はまだ仕事の全体を把握できておらず、覚えるべきことが断片的であったりします。

一部を覚えて一部を知らない状態になっているのです。

この時、知るべきなのに知らないことを、本人が認識できていないことも多いです。

わからないことがわからないという状態です。

適切な理解をする土台がまだできあがっておらず、理解不足を生んでいたりします。

石井式・瞬間記憶術でミスをなくす

記憶を維持するためには、繰り返し聞いたり、繰り返し書いたりします。

また、何かと関連付けて覚えたりキーワードを付けたりするなど覚える工夫や努力をすることが多いです。

それでも残念ながら、どんなに覚え直しても人は忘れてしまうのです。

覚えることでは仕事のミスや失敗を完全に防ぐことはできにくいと言えるでしょう。

しかしそんなミスをなくせるのが石井式・瞬間記憶術です。

記憶をいつでも引き出せる状態にしておけばこのようなミスはなくなります。しっかりと体得して完璧になりたいですね。

瞬間記憶術で人生が変わる!
石井式・瞬間記憶術の公式HPへ
TOPページを見る